便秘と内反小趾と骨盤のゆがみ

便秘の人には内反小趾の人が多いという説があるのですが、
みなさんの足の小指はどうですか?
内反小趾は小指が内側に入っていたり、また爪が小さくなっていたり、押しつぶされていたりします。

根拠としては内反小趾の状態で歩行をすると足の指でしっかりと地面とバランスをとれていないため、身体が左右にぶれて歩いている状態。そのため、それを補うために背中・腰に負担がかかりやすくなり腸の働きもにぶくなるとのこと。
ちなみにそんな人は体幹が悪いので首・肩の凝りはひどいんですけどね。
また骨盤も曲がっていて太りやすい体質になっていたりします。

なので、食事療法と同じく歩行改善をするほうがいいってことにもなるんですが。

歩き方の改善って難しいですよね。
もう無意識に近いレベルの癖なので。
私は立つ姿勢から外側に体重をかけないことから始め、内側への意識をつけていきました。歩くときもすごくコケやすかったのですが(外側体重なんですよね。)、
1本の線をはさんでまっすぐ歩くことを意識しました。
これも難しい。だいたいよろよろ系ですよね。また足の指で地面を捉えているって言うことも大切です。外反母趾・内反小趾はほとんど指先が地面についていないですから。
身体の変形って大抵退化ってことなんですが、結局、蹴る力なんかがなくなっているし、足裏でバランスとれていないってことなんですよね。
で、がんばってですね、モデルになった気分で胸をまっすぐ移動させるっていいかもしれませんよ。

便秘解消すると体重が減るのでダイエットになる

このページの先頭へ