便秘を作るストレスはオリゴ糖でストレスなく排便することで解消できる

ストレスが自らに降り懸かると、その刺激に抵抗或いは適応しようと恒常性機能が働く。(ホメオスタシス)

この反応に最も重要な役割を果たしているのが、副腎という臓器である

ストレスは代謝機能の管制塔である間脳の視床下部で受容されると、交感神経の活動と副腎随質のホルモン(エピネフリン)の分泌が積極的に行われる
そこで肝グリコーゲンが分解され、脂肪組織から脂肪酸が動員され、これに伴う,つまりストレスに対して消費されるエネルギーが供給されることになる
さらに副腎皮質刺激ホルモンが脳下垂体より活発に分泌され,副腎皮質ホルモン(グルココルチコイド)の働きにより、タンパク質が分解され、アミノ酸から糖が生合成され、この(ストレスに対する)エネルギーが生産される
つまりタンパク質は消耗する
ストレスによって副腎皮質ホルモンから糖質、脂質そしてタンパク質の代謝をこう進する

ここで言うストレスは

物理的ストレス
温度、湿度、光、音、過労、睡眠不足
化学的ストレス
煙草、アルコール、食物、排出ガス、臭気
生物学的ストレス
細菌、カビ、ウィルス
花粉、自然毒
心理的ストレス
不安、不満,喜び、悲しみ、怒り、憎しみ
社会的ストレスなど

ストレスが自らに降り懸かると、その刺激に抵抗或いは適応しようと恒常性機能が働く。(ホメオスタシス)

この反応に最も重要な役割を果たしているのが、副腎という臓器である

これら総てが便秘を発生する起因ストレスとなる
これらのストレスにからくる緊張を紐解く為のカイテキオリゴ

栄養の高いゴーヤなどで作る野菜炒めに砂糖代わりにオリゴ糖を入れるのがオススメレシピだ

浣腸や便秘薬を使わず自然排便することでストレスを感じず健康的に生活していくことが出来る

関連記事

オリゴ糖 効果
カイテキオリゴのオリゴ糖は生活習慣を変える、便秘解消で体質改善
カイテキオリゴ便秘解消体験談

このページの先頭へ