生理前、生理中の便秘の原因と解消法プロゲステロン

月経前、生理中に便秘になる女性は多いです。

生理痛の痛みと便秘痛の痛み二重に襲ってくるのは非常につらいことですよね

なぜ生理前、生理中は便秘になりやすいのか?

その原因は女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(progesterone)の影響が大きいのです。

プロゲステロンは、ステロイドホルモンの一種で、この女性ホルモン(黄体ホルモン)は子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達や体温上昇などに関わっている、血糖値を正常にして、太りやすさの原因でももある体脂肪を減少したり、排卵に備え、水分を大腸などから体内に溜め込んだり、利尿作用もある他に、様々なホルモンバランスを調整する役目を持っています。

非常にありがたいホルモンではあるのですが、水分を腸から吸い上げてしまう作用 子宮の働きを調整する際にあそこを緊張させ腸働きが鈍くなるなど便秘に悩む女性にとっては辛いものがあります。


では便秘解消どうすればいいのか?

プロゲステロンの活動が激しくなり多く分泌されるのは、生理の2週間前からになります。
原因は先に説明した水分不足腸の動きが鈍くなることなので
水分補給で対策するのも有効になってきます
あと腸の働きを良くするにはビフィズス菌を活性化させるオリゴ糖が効果的です

>>>1日84円で便秘解消

以上で貴女の生理中の腹痛はだいぶ収まることかと思います。


関連記事

生理と便秘
オリゴ糖 効果

このページの先頭へ